初心者のためのオンラインカジノ比較.com

オンラインカジノ初心者、経験者の方のため第一歩として「始め方」~経験者の方のための各オンラインカジノのお得情報を発信していきます。

仮想通貨(暗号資産)で遊べるオンラインカジノ。
仮想通貨とは?【解説】

仮想通貨(暗号資産)で遊べるオンラインカジノ。仮想通貨とは?【解説】

まず、ビットコイン(Bitcoin)ってなに?

ビットコインってなに? 2017年は仮想通貨元年と言われた年で、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ADAコインなどが爆上げして、一夜にして億万長者になった人がたくさん現れました。このビットコインと言われる仮想通貨は送金手数料が銀行などに比べると、非常に安く済むこともあり、2017年後半あたりからはオンラインカジノの決済としても採用するところも現れてきました。2017年で仮想通貨のことはかなり知れ渡ったと思いますが、「ビットコインって何?」「仮想通貨って何?」という人も、全く知らない人も多くいるのも事実です。
 今後、決済手段としていろいろな業種でもビットコインなどの仮想通貨が円やドルなどの基軸通貨に取って代わることも予想されます。現在はまだまだ、投資目的として購入する方も多いですが、いずれ、オンラインカジノの決済手段として当たり前のように使われる未来が遠い将来やってくるのではないでしょうか。

ビットコイン(Bitcoin)ってなに?

 ビットコインなどの仮想通貨は正式には※暗号資産(2016)といいます。ビットコインなどの仮想通貨のことをまったくご存じない方もおられると思いますので、基本的なことから仮想通貨とは何ということから書いていきましょう。(知っている方は読み飛ばしてください。)
 ※2018年12月14日より、金融庁は「仮想通貨」を「暗号資産」という呼称へ正式に変更すると発表しました。当サイトでは仮想通貨が一般的ですので今まで通り「仮想通貨」と呼ぶことにします。
 私が知ったのは、2016年で、まだビットコインが1btc(85,000円)のときにいくらか両替したのがはじめでした。その後、ビットコインの価値が10万円→20万円→200万円と一気に上昇して少しだけ私もその恩恵を受けました。
現在の仮想通貨の主流はなんと言ってもビットコイン(Bitcoin)ということになります。言うなればビットコイン(Bitcoin)は法定通貨のドルのようなもので仮想通貨の基軸通貨となっており、ビットコイン(Bitcoin)以外の仮想通貨(リップル、イーサリアム、ADA etc.)をアルトコインなどと呼ばれたりします。全ての仮想通貨は基本ビットコイン(Bitcoin)をもととしてそれらの価値を0.001(btc)などと、ビットコインの単位で表すのが基本です。

<豆知識-ビットコインの単位>
 ビットコインの単位は「Ƀ」もしくは「BTC」と表記され、Ƀ1は「1ビットコイン」です。
さらに「Ƀ」を1000で割った値「mɃ(ミリビット)」、さらにそれを1000で割った値を「μɃ(ビッツ)」と呼びます。
単位変換は次の通り。
Ƀ1 = mɃ1,000 = μɃ1,000,000
(1satoshiとは?)
 Satoshiとは、ビットコインの最小の通貨単位のことです。
0.00000001 BTC=1 Satoshi となります。
ビットコインの技術論文の著者である中本哲史氏(日本人のように漢字があてがわれますが、本当のところどこの国の人かも分かりません。)の名が由来です。
 使用例:1 BTC=400,000 円 の場合、1 Satoshi= 0.004 円
  1BTC=1,000,000円の場合、1Satoshi=0.01円です。

ビットコインや仮想通貨っていったい何なの?

 ほとんどのみなさんが、お金と同じような価値を持った「Tポイントカード」や「Pontaカード」などは買い物をするとポイントが付き、そのポイントで買い物ができることを知っていますよね。
 しかしながら、それらのポイントはお金として使えてもお金には交換できませんし、また、そのポイントを誰かにお金として送ることもできませんよね。
 ビットコインなどの仮想通貨はそれらのポイントに法定通貨であるドルや円などと同じように価値を持たせ、送金でき、それらの仮想通貨を→円、ドルに両替することもできる目に見えない「貨幣」ということができるものです。
 YouTube動画にビットコインについて説明されている「What is Bitcoin? 」を見つけましたので貼っておきますね。

<What is Bitcoin?>

オススメ!ビットコインで遊べるオンラインカジノ比較!

 2017年の末、辺りから仮想通貨で決済のできるオンラインカジノが徐々に現れてきました。ビットコイン決済に特化した新しいオンラインカジノで今後、最も期待される「ビットカジノ(BitCasino)」がビットコンでの入出金に対応したオンラインカジノです。

ランキング一位イメージビットカジノ(BitCasino)

 ビットカジノ(BitCasino)は新しいカジノですが、入出金決済システムを仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)でできるのですからこれはオンラインカジノ界においては画期的なことです。入出金システムである電子サービス(エコペイズ(ecoPayz)、アイウォレット(iWallet))が日本のシステムでないので今後ずーっと利用できるかどうかわからない今、ぜひとも、オンラインカジノファンはビットコインでも入出金決済できる準備をしておきましょう。
ビットカジノの「詳細ページ」「公式サイト」は下記へ!
詳細ページはこちら
公式サイトはこちら


ランキング2位イメージエルドアカジノ(ELDOAH CASINO)

 エルドアカジノ(ELDOAH CASINO)はビットカジノ(BitCasino)同様まだ新しいカジノです。ビットカジノ(BitCasino)がビットコイン(Bitcoin)などの仮想通貨専用カジノに対して、エルドアカジノ(ELDOAH CASINO)は入出金サービスとしては従来の、クレジットカード、エコペイズ(ecoPayz)、アイウォレット(iWallet)などが利用できる点、今までと同じように遊ぶことができ、これからビットコイン(Bitcoin)でも遊んでみようかなと思っているプレイヤーにはストレスなく移行できる点が特に、おすすめのオンラインカジノです。
エルドアカジノ決済
エルドアカジノの「詳細ページ」「公式サイト」は下記へ!
詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

クイーンカジノ(QueenCasino)

  「サポート」「入出金システム」「カスタマーサポート」は24時間年中無休、そして、何といっても「セキュリティー」が万全であるということから始まったクイーンカジノ(QueenCasino)ですが、ここも最近の入出金システムに敏感なオンラインカジノです。今までのエコペイズ(ecoPayz)、やアイウォレット(iWallet)をうまく併用しながら新しいBitcoin決済も導入、さすがです。
クイン-カジノバナー
ビットカジノの「詳細ページ」「公式サイト」は下記へ!
詳細ページはこちら
公式サイトはこちら


ランキング4位小イメージベラジョンカジノ(Vera&john Casino)

  オンラインカジノが現在のように入出金がクレジットカードでできるようになったり、スマホでいつでもどこでもプレイできるブラウザゲームを採用し、完全日本語対応カジノが日本人に浸透したのもベラジョンカジノ(Vera&john Casino)のおかげだと言っても過言ではないそんなオンラインカジノです。そんなベラジョンカジノ(Vera&john)がBitcoinでの入出金の決済も採用したことは、また新たにオンラインカジノ業界を一段と身近なものにしてくれることと大いに期待している。
ベラジョンカジノの「詳細ページ」「公式サイト」は下記へ!
詳細ページはこちら
公式サイトはこちら

ビットコインの購入方法

 
 では、どうやって円をビットコインに交換(購入)すればいいのかと迷っている人のために下記に図解します。

<仮想通貨の入出金の流れ>
仮想通貨(ビットコインでの入出金)イメージ

※殆どのクレジットカードは出金には対応していません。
※ビットカジノ(BitCasino)は上記流れ図と少し異なりますので、別途ビットカジノ(BitCasino)のページで説明しています。
まずはじめに、
①仮想通貨の取引所に自分のアカウント(口座)を開設。
 後々のことを考えたら日本語サイト、サポートも日本語対応ができる日本の取引所「日本のオススメ仮想通貨取引所」から、お選びください。
⬇  ⬇  オススメ日本の仮想通貨取引所  ⬇  ⬇
20190616tokusyubtc.jpg
● コインチェック:NEM流失事件があって、営業停止命令が出されていましたが、2018年10月30日業務再開
● 最大手の「BitFlyer」は、2018年6月に金融庁から発出された業務改善命令を受けて、既存ユーザーへの本人確認状況の再点検および、内部管理体制の強化を目的に、新規口座開設を一時的にストップしていたが、2019年7月3日より新規口座開設再開しました。
※ 口座の開設ができても、取引所のほとんどは本人確認書類(「運転免許証」「パスポート」など1点)をアップロードして、審査と本人確認のはがきが到着して本人確認コードを入力して初めて取引ができるようになっています。(コインチェックのNEM流出事件より厳しくなりました。)
② 銀行、クレジットカードから資金を入金します。
・現在、日本の取引所ではクレジットカードでの入金はできなくなっています。
・資金を取引所でビットコイン(仮想通貨)に両替します。
③ 両替ができたら取引所→オンラインカジノへ指定されたアドレスに送金します。
・早ければ数十分でオンラインカジノのアカウントに反映されます。
④ これでオンラインカジノでプレイできるようになりました。
⑤ 勝利金を取引所の口座に送金します。
⑥ 取引所に登録した銀行口座に円に両替して送金してもらいます。
・土日挟んでも遅くとも1週間で着金します。大体5日みておけば大丈夫かと。
簡単に説明するとこのような流れでビットコインの購入から、オンラインカジノでのプレイ、そして勝利金の受け取りということになります。

仮想通貨はウォレットに保管

電子ウォレットのイメージ

 コインチェックでの大量NEM流出事件があったように、取引所において財産である仮想通貨が盗まれる事件がいろいろな取引所でもおきています。
 この盗難から自分の財産を守るためにはより安全な電子ウォレットと呼ばれる電子財布を作ることが勧められています。
 上の図、<仮想通貨の入出金の流れ>では、a にあたるウォレットBlockchain.info。
<ウォレットの種類>
● Webwallet(ウェブウォレット)★★☆☆☆
 インターネット上に置くウォレットで取引所でビットコインを購入した場合、そのまま保管される財布などもウェブウォレットです。
 また、上の図にあるブロックチェーンインフォはウェブウォレット専門のインターネット上に保管できるウォレットの一つです。ここでは仮想通貨の取引はできません。保管と送受信のみです。
<ウェブウォレットの欠点>
・取引所などのウェブウォレットはコインチェックのようにハッキングの被害や取引所そのものが無くなってしまえば、資産は失われることになります。
・blockchain.infoなどのオンラインウォレットのほうが安全です。
ただし、どちらもネットに接続したまま使いますので常にハッキングの危険にさらされています。  
● DesktopWallet(デスクトップウォレット)★★★☆☆
 デスクトップウォレットは自分のパソコンにウォレットのソフトをインストールして使います。これはインターネット上に存在しているわけではないのでPCの電源を切っても仮想通貨の資産を確認できるのでウェブウォレットより安全と言えます。
<デスクトップウォレットの欠点>
 あくまでソフトなので、ウィルスなどに感染するとすべていつの間にか資金をどこかに送られてしまうなんてこともあるし、ソフトがバグってしまうなんてことも考えられなくもない。
 また、有名なbitcoin.orgは私も使いましたが、世界のブロックチェーンを取り込むためかインストールするのに私のPCで5日ほどかかってしまいました。少し使わなければまた、何時間もインストールするので時間がかかって仕方がありません。実用には向きませんね。  
● hardwareWallet(ハードウェアウォレット)★★★★
 レジャーナノSに代表されるウォレットでこれが一番安全なウォレットです。USBメモリのように指しているときだけ送受信でき使用しないときは、PCの外部に保管できるのでハッキングされようがありません。
<ハードウェアウォレットの欠点>
 オンラインカジノでビットコインの送受信に使用する場合は壊れてしまうということがない限り、資産は完全に隔離されて守られますのでまったく欠点はありません。これはどうしようもありませんが送受信するたびに繋がないといけない面倒臭さはあります。まーでもこれは仕方のないことです。
 ただ、購入の際に気をつけないといけないのが、ネット通販で安いものが出ているからと購入しないほうがいいです。ウィルスを仕込んで売りに出している場合もあるそうです。購入の際は下記の公式サイトからの購入をおすすめします。

 レジャーナノS公式サイトはこちらから
レジャーナノSのバナー


コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。