初心者のためのオンラインカジノ比較.com

オンラインカジノ初心者、経験者の方のため第一歩として「始め方」~経験者の方のための各オンラインカジノのお得情報を発信していきます。

プレイ資金を仮想通貨取引所への送金
仮想通貨を購入【解説】

プレイ資金を仮想通貨取引所への送金仮想通貨を購入【解説】

なぜ、仮想通貨でオンラインカジノをプレイするのか?

カジノイメージ 2017年ぐらいから日本でも仮想通貨を「投資目的」で購入する方が多くなったので当サイトへ訪問くださっている方の中でも、いちいち説明をしなくても分かる人も多いのではないかと思います。 そこで、当ページでは初めて仮想通貨をオンラインカジノの入出金手段として利用される方も多いと思いますので一から説明していきたいと思います。
 そもそも、なぜ「エコペイズ(ecoPayz)」や「アイウォレット(iWallet)」があるのに「仮想通貨」を入出金手段として使うのでしょう。
 管理人がオンラインカジノに携わってきて10数年ほどになりますが、その間、日本からの送金に最も便利だった「NETELLER(ネッテラー)」は日本からの利用ができなくなったり、また再開したりを繰り返しついには使えなくなってしまいました。 
 また、エコペイズ(ecoPayz)は、ネッテラーと同じように、ecoカードというのがあり、勝利金はセブンイレブンのATMで下ろすことができたり、特にクレジットカードでの入金が出来るという点で非常に重宝していたのですが、2018年8月にクレジットカードでの入金ができなくなりました。また、エントロペイ(entroPay)も同様に日本居住者の利用ができなくなってしまいました。
 このように、現在、主流の入出金システム「エコペイズ(ecoPayz)、アイウォレット(iWallet)、ヴィーナスポイント(VenusPoint)、クレジットカード」いつ使えなくなるか、誰にもわかりません。
 そこで「仮想通貨」の登場です。仮想通貨には次のような利点(メリット)があります。
もちろんデメリットもありますので、十分に理解する必要があります。

仮想通貨のメリット・デメリット

 仮想通貨を利用することでの「メリット」「デメリット」を確認しておきましょう。

<メリット>
1. 匿名性が高い(監視や制限が殆ど無い。)
2. 送金・受信の手数料が他の入出金サービスと比べ物にならないくらい安い。
3. 送金・受信スピードが早い(瞬時)
4. 国家間で送金できないということはない。
5. 個人間で直接送金できる。
 ※取引所が使えなくなることはあるが変更すればいいだけ。
<デメリット>
1.紛失や ハッキングの可能性がある。
2. 重い税負担、得た利益の最大55%
3. 価格の変動が激しい。
※特に紛失・ハッキングには十分に気をつける必要がある。

仮想通貨の購入~入出金まで(概略図)

 オンラインカジノを仮想通貨で楽しむための流れを下図のような図で解説していきます。

仮想通貨の購入~入出金まで(概略図)下矢印

 これは下記、記事において、各取引所の解説をしています。
 <記事>●「オススメの仮想通貨取引所を紹介しています。」
 日本円を仮想通貨に交換(これがこのページのメインの内容です。)
 オンラインカジノに仮想通貨を入金「デポジット(Deposit)」
 勝利金を引き出し「ウイズドロー(withdraw)」
 取引所から銀行へ勝利金を日本円で入金

銀行から仮想通貨取引所に日本円を送金する。

 
 ここでは、「GMOコイン」を例にとって、日本円を送金することから説明していきます。「GMOコイン」においては下記の表のように手数料が非常にお得な取引所になっています。

日本円(JPY)
仮想通貨
入金 ・即時入金: 無料
・振込入金: 振込手数料はお客様
 負担となります。
無料
(マイナーに支払う手数料はお客様
負担となります)
出金 無料 無料

 まだ、仮想通貨取引所に口座を作成していない人は下記より作成しておいてください。
では、GMOコインにログインしておきましょう。

 次のページで解説しています。
<仮想通貨取引所に無料口座開設方法>


銀行からGMOコインに日本円を送金します。

 GMOコインに入金するには入金方法が①即時入金②振込入金があります。
① 即時入金
 名前どおり、入金すれば瞬間に自分の口座に反映されます。
② 振込入金
 通常の銀行振込ですので、午前中に振り込めば午前中の早い時間であれば午後早くには着金します。

Step.1 即時入金の解説

 
 ログインして会員ホームの入出金⇒日本円をクリック!

①即時入金についての画像

Step.2 日本円⇒「即時入金」

 
 即時入金に対応している代表的なネット銀行は、

 

 のどれかの口座を持っていること。ネット銀行は便利なので持っていない人はこの際、口座作成しておきましょう。
その中でも、、
住信SBIネット銀行」「ジャパンネット銀行(PayPay銀行)」は特にオススメです。
 ここでは私の「ジャパンネット銀行」の口座を選択してみます。
 ※当然ですが、選んだネット銀行に残高があること!
即時入金に対応している銀行

Step.3 即時入金⇒日本円を入金

 
 次の画面になるので、入金額の下限は1,000円なのでそれ以上の入金額を入力。

即時入金に対応している銀行

Step.4 ネット銀行のウェブサイトに遷移することの注意が出る。

 
 次ように、選んだネット銀行のウェブ・サイトに遷移するという注意が出ます。「ジャパンネット銀行のウェブ・サイトへ進む」をクリックする。

ネット銀行のウェブサイトに遷移することの注意が出る。

Step.5 ネット銀行(現在、PayPay銀行に名称変更)のログイン画面。

 ネット銀行のウェブサイトのログイン画面に変わるので、ログイン

ネット銀行のログイン画面

Step.6 ネット銀行の振込の画面。

 
 ネット銀行、ジャパンネット銀行(現在、PayPay銀行に名称変更)の振り込み画面に切り替わるので振込金額を入力後、「ワンタイムパスワード」を入力後、「振り込み」をクリックします。

ネット銀行の振込の画面ついての画像

 すぐに「GMOコイン」の自分の口座に入金されます。実際に入金されているかどうかコーヒーでも飲んで待ちましょう。

Step.7 「GMOコイン」の口座情報で入金の確認

 「GMOコイン」の自分の口座情報を開いて入金されているかどうかを確認しておきましょう。

「GMOコイン」の口座情報

 
ネット銀行⇒仮想通貨取引所への「即時入金」ついての解説は以上です。
次は、「振込入金」について解説します。

振込入金の解説

 「振り込み入金」は普通の銀行へみなさんが振り込むのと同じです。
ログインして会員ホームの入出金⇒日本円をクリック⇒振込入金をクリックすると「自分だけの振込口座」情報が表示されるので、銀行からその情報をもとに振り込みます。
 振込入金においてもパソコンから入金できる「ネット銀行」から入金するほうが簡単で良いですね。まだ、「ネット銀行」口座を持っていない人はこの機会に是非、解説してみてはどうでしょうか。

<自分だけの振込口座情報>
 自分だけの「振り込み口座」が表示されますので、その口座に「ネット銀行」「普通の銀行」から振り込むことで振込入金が完了します。
ただし、即時入金と違って即時に反映はされません。およその口座反映時間は下記の表を御覧ください。
振込入金の解説

<振り込み時間による入金反映状況>

 下記表は振込時間によるおよその口座反映時間を示しています。ご参考までに!!

各金融機関の窓口・ATMなどの受付時間表

 以上で、振込入金の解説は終わりです。



 

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。